頭の働きが良くなる薬ってあるの?お薬ナビゲート

頭の働きがよくなる薬

頭の働きがよくなる薬

おおくの人は今よりも頭がよくなりたいと思っていると思います。しかし、そのためには勉強や経験を積まなくてはいけません。

 

しかし、飲むだけで頭のよくなるくすり。そんなものがもしもあったら、試験も出世も間違いなしと考える人もおられることでしょう。

 

現にアメリカなどでは、頭の働きをよくする物質については何度もブームが起こっています。いわゆるスマートドラッグと呼ばれるものです。

 

日本でも昭和40年代には「グルタミン酸」を飲むと頭がよくなると本気で信じられていました。中には、子供に毎日スプーン1杯分のグルタミン酸を飲ませていたという話もあるほどです。
今ではグルタミン酸といえば、化学調味料として使われています。そのままでなめるととてもくどい味がして、とてもスプーン1敗も食べることは難しいです。

 

日本でもスマートドラッグが製造販売されていますが、海外に比べると法規制観点から、成分が少なくて高額で販売されているのが現状です。

 

そのために個人輸入に頼る人が多いのです。

 

イワシやサンマに含まれているDHAが日本でも一昔前にはやりました。DHAは神経の伝達をつかさどる核酸の一種で、現在もその真実はまだ解明されていませんが、海外の人々がこのニュースを聞いた時には「魚をよく食べる日本人が頭がいいのはイワシやサンマのおかげだ」と真剣に発表した人もいたようです。

 

頭がよくなる薬

 

頭がよくなる薬

海外では多くの人が注目しているスマートドラッグですが、日本人には信じられないかもしれませんが、本当に効果があるのが特徴です。

 

スマートドラッグを飲むだけで簡単に頭がよくなる、気分がすっきりしてくる。とはいっても、飲んだことのない人が信じることは難しいでしょう。

 

不安、うつ状態などを改善する、「ピラセタム」アニラセタム、オクラセタム、などのスマートドラッグを多く存在しています。

 

服用した人の多くが、「感情が安定した」「注意力が高くなった」などという意見が上がってきています。

 

この薬は副作用の少ない抗うつ剤としても注目されています。プロザックもスマートドラッグの代表格です。これは仕事やプライベートなどのストレスを抱え込んでいる人向けのものです。

 

服用してみると、「いつも怒りっぽかったのに、穏やかな気持ちで話し合うことができた。心の不安も消えて性格が明るくなった」という人もいます。

 

作用としては感情の高ぶり、悲しみや辛さといった感情が大幅に抑えることができるようです。

 

このように海外ではスマートドラッグが日常的に使用できる環境が整っているために、感想などがとてもあふれています。

 

しかし、普通ED治療薬のジェビトラなどの薬と同じでスマートドラッグも効き目には個人差があり、誰が飲んでも同じ効果が得られるとは限らないということは知っておく必要があります。